魚の旬

スポンサードリンク

魚の旬

スポンサードリンク

魚は,鮮度だけでなく時期によっても味が大きく違います。比較的年中出回っているようなものでも,旬の時期には格別おいしく味わえますから,その時期を狙いましょう。では,魚の旬について見てみましょう。

 

漢字で書くと旬が分かるものがいくつかあります。魚偏に春と書くとサワラです。メバルと共に春告げ魚の一つです。サワラは西京焼きなどで食べることが多いでしょう。また,秋刀魚と書くサンマは秋の代名詞ともいえる魚です。秋の夕焼けの下,七輪でサンマを焼く光景がよく描かれます。

 

本来の名前に一語加えた名前を付けて季節を表わすものもあります。春の桜の時期に増えてくるのが,サクラダイです。皮のほんのり赤い色が桜の色とマッチしています。この時期には産卵を控えて真子を抱えたものも多いですが,産卵を終えると味が落ちていきます。さらに,カツオには上りガツオと下りガツオ(戻りガツオ)があり,春から夏にかけて黒潮に乗って北上するときと,エサをたくさん食べて身を太らせて帰って来るときの2回旬があります。

 

身近な魚の旬についてはどうでしょうか?イワシは秋から冬,アジは夏,サバは秋から冬が旬です。その時期には味が良くなるだけでなく,数も増えて手に入れやすくもなります。

 

冬には多くの魚が脂の乗った状態になっておいしくなります。その代表が,ブリでしょう。寒ブリといわれて,主に日本海側で水揚げされ,多くの人が好んで食べます。

 

旬の魚は旬の野菜と合わせて調理できるのも楽しみで,特に煮魚では春はタケノコ,冬は大根を使うことができます。