よくある間違った洗顔

スポンサードリンク

よくある間違った洗顔

スポンサードリンク

洗顔は子供の頃からやっている非常にありふれた行動の一つで,正しいも間違いもないだろうと思うかも知れませんが,スキンケアという点では間違った方法で肌を傷めることがあります。では,間違った洗顔の仕方にはどのようなものがあるでしょうか?

 

洗顔で肌を傷付ける要素となるのは,強い摩擦です。それには,実際に強い力でこすることがあるでしょう。汚れを落とさなければいけないと思うあまり,無意識に肌をゴシゴシこすっていることがあります。肌が脂っぽいと感じる人の中には,スポンジなどを使って洗顔する人がいるかも知れません。

 

また,石けんを十分泡立てていないために,強く力を入れるようになる場合もあります。軽く泡立てるだけでは不十分です。手いっぱいにモコモコの泡が乗るほどまで泡立てて洗顔するのが理想です。そのような泡なら,強い刺激を肌に与えることはありません。

 

どこを洗うかということも大切なことですが,案外間違いやすいものです。面積の大きい頬を中心に洗うことが多いかも知れませんが,これは間違いです。皮脂の分泌が多いのはおでこと鼻ですが,そこをきちんと洗わないなら,洗顔しても鼻の頭が脂っぽいと感じるようになります。

 

洗った後のすすぎには間違いがないでしょうか?すすぎ残しがあってはいけませんので,十分洗い流さなければいけません。お湯を使えば良いと思って温かいお湯で洗顔するなら,皮脂が必要以上に奪われてしまいます。お風呂で洗顔するときは気を付けなければいけません。